稽留流産後になかなか妊娠しない方へ!

稽留流産とは、赤ちゃんがお腹の中で亡くなって、そのまま子宮の中に留まっている状態のことを言います。痛みや出血などの症状が全くなく、妊婦健診の腹部エコーなどを受けるまで流産に気づかない場合が大半と言われています。

 

この状態のまま放っておくと進行流産に移行してしまい、強い腹痛と大量の出血を伴い、母体が危険な状態に陥る場合も考えられますので、手術によって赤ちゃんや組織を取り出さなければいけません。稽留流産手術は局部麻酔か全身麻酔を使って行われ、時間は10分程度と短い時間で終了します。費用は2万円から10万円が一般的で、保険が適用されます。

 

稽留流産手術後の痛みとしては、まれに生理痛に似た痛みを感じる人がいますが、全く症状が現れない人もいるなど個人差があります。稽留流産手術後は安静にして過ごし、自力でトイレに行ける程度に体力が回復したら退院となる場合がほとんどです。

 

退院して自宅に戻ったあとも、完全に身体のダメージが回復するまで1週間から2週間程度は激しい運動や疲労・ストレスのかかる行為は避けて過ごしましょう。術後に出血することもありますが、多くは1週間ほどで治まってきます。

 

しかし、出血が長く続く場合や、大量の出血が確認された場合は、病院で医師の診察を受けてください。稽留流産手術後は、赤ちゃんが問題なく育つ環境に身体が回復するまで数カ月必要とされています。そのため、次の妊娠を望む場合は、手術から半年くらい待つのが望ましいです。

 

稽留流産の手術後 生理再開はどのぐらい?

稽留流産手術後は特に体調が悪くなければ、日常生活を普段通り送って構いません。

 

実際私も稽留流産手術後すぐ、森林公園でサイクリングをしたりして過ごしましたので、体への負担は軽いものでした。ただ、無理は禁物です。生理再開の目途は人によって様々ですが、1ヶ月から遅くても2か月後だと言えます。

 

とは言え、精神面ではすぐに回復が見込める訳ではありません。流産してしまったという事実に向き合う事は辛いです。初期流産は何が原因であったのか不明である場合が多く、自身を責めてしまいがちです。

 

稽留流産手術後は妊娠しやすい体内環境になっているのですが、生理再開と同時の妊活は控えた方がいいでしょう。妊活は稽留流産手術後から最低でも3ヶ月は空け、子宮を休ませる事が理想だと言えます。

 

3か月経つと、体とともに精神面でも落ち着いてくる時期です。それでも流産を経験した女性は、再び妊娠することへの恐怖心と不安があります。パートナーである男性は、精神的負担とならない様配慮が必要です。私の場合、稽留流産手術後1ヶ月で生理再開し、更に3か月後に妊娠と言う流れでした。

 

正直気持ちは追いついていませんでした。夫は落ち込む私を見かねて再び妊娠すれば気持ちが上向くのではと考えたのです。しかし私は逆で憂鬱でした。

 

結果として今幸せですが、こういった夫婦間のすれ違いが起きることも多々あります。稽留流産手術後はじっくり話し合う時間を設けて、二人で乗り越えていきましょう。

 

稽留流産手術後に痛みはあるの?

稽留流産とは、赤ちゃんがお腹の中で亡くなって、そのまま子宮の中に留まっている状態のことを言います。痛みや出血などの症状が全くなく、妊婦健診の腹部エコーなどを受けるまで流産に気づかない場合が大半と言われています。

 

この状態のまま放っておくと進行流産に移行してしまい、強い腹痛と大量の出血を伴い、母体が危険な状態に陥る場合も考えられますので、手術によって赤ちゃんや組織を取り出さなければいけません。稽留流産手術は局部麻酔か全身麻酔を使って行われ、時間は10分程度と短い時間で終了します。費用は2万円から10万円が一般的で、保険が適用されます。

 

稽留流産手術後の痛みとしては、まれに生理痛に似た痛みを感じる人がいますが、全く症状が現れない人もいるなど個人差があります。稽留流産手術後は安静にして過ごし、自力でトイレに行ける程度に体力が回復したら退院となる場合がほとんどです。

 

退院して自宅に戻ったあとも、完全に身体のダメージが回復するまで1週間から2週間程度は激しい運動や疲労・ストレスのかかる行為は避けて過ごしましょう。術後に出血することもありますが、多くは1週間ほどで治まってきます。

 

しかし、出血が長く続く場合や、大量の出血が確認された場合は、病院で医師の診察を受けてください。稽留流産手術後は、赤ちゃんが問題なく育つ環境に身体が回復するまで数カ月必要とされています。そのため、次の妊娠を望む場合は、手術から半年くらい待つのが望ましいです。

 

稽留流産手術後の夫婦生活はいつからOK?

妊娠22週までの間にお腹の中の赤ちゃんが亡くなってしまうことを流産といいます。流産には様々な状態があり、胎盤が形成される妊娠12週までの妊娠初期での流産が全体の80パーセントを占めています。そこで初期の流産のほとんどを占める稽留流産について詳しくご紹介したいと思います。

 

稽留流産とは、赤ちゃんがお腹の中で亡くなってしまい、そのまま子宮の中にとどまった状態のことをさします。自覚症状がないことが特徴としてあげられ、そのため妊婦健診で初めて流産していることがわかるケースがほとんどです。赤ちゃんが亡くなった後も、胎盤などが子宮の中にとどまり続けているため、つわりがみられるケースもあります。

 

原因としては、そのほとんどが先天的なもので、染色体の異常により成長が止まってしまったり、よい胎盤ができずに赤ちゃんが育つことができなかったことなどがあげられます。お腹の赤ちゃんが亡くなってしまった場合には、基本的に手術によって赤ちゃんや子宮の内容物を除去することになります。手術は10分ほどの短時間の場合がほとんどです。

 

流産した悲しみから、早く次の妊娠をと焦ってしまう人も多いと思いますが、稽留流産手術後の夫婦生活はいつから行ってもよいのでしょうか。稽留流産手術後は1から2週間ほどは安静にする必要があります。

 

その後は夫婦生活は行っても大丈夫ですが、次の妊娠については、稽留流産手術後は子宮の環境が整うまでに数ヶ月かかるといわれているので、生理を2から3回見送った方がよいでしょう。

更新履歴