稽留流産手術後の夫婦生活はいつからOK?

妊娠22週までの間にお腹の中の赤ちゃんが亡くなってしまうことを流産といいます。流産には様々な状態があり、胎盤が形成される妊娠12週までの妊娠初期での流産が全体の80パーセントを占めています。そこで初期の流産のほとんどを占める稽留流産について詳しくご紹介したいと思います。

 

稽留流産とは、赤ちゃんがお腹の中で亡くなってしまい、そのまま子宮の中にとどまった状態のことをさします。自覚症状がないことが特徴としてあげられ、そのため妊婦健診で初めて流産していることがわかるケースがほとんどです。赤ちゃんが亡くなった後も、胎盤などが子宮の中にとどまり続けているため、つわりがみられるケースもあります。

 

原因としては、そのほとんどが先天的なもので、染色体の異常により成長が止まってしまったり、よい胎盤ができずに赤ちゃんが育つことができなかったことなどがあげられます。お腹の赤ちゃんが亡くなってしまった場合には、基本的に手術によって赤ちゃんや子宮の内容物を除去することになります。手術は10分ほどの短時間の場合がほとんどです。

 

流産した悲しみから、早く次の妊娠をと焦ってしまう人も多いと思いますが、稽留流産手術後の夫婦生活はいつから行ってもよいのでしょうか。稽留流産手術後は1から2週間ほどは安静にする必要があります。

 

その後は夫婦生活は行っても大丈夫ですが、次の妊娠については、稽留流産手術後は子宮の環境が整うまでに数ヶ月かかるといわれているので、生理を2から3回見送った方がよいでしょう。